知的障害のある人たちが、人間としての尊厳が守られ、豊かな人生を自己実現できるように支援することが、私たちの責務です。            English
トップ > 出版案内


会員ページよりPDFにてご覧になれます。個人購読も受付けております。年間購読料1,296円(税・送料込)です。






2017年2月号読者プレゼント応募受付中!

平成29年度 年間テーマ
「ともに生きる」


特集(各月予定テーマ)

2017年

4月号
これからの人材確保・定着・育成
5月号
地域での連携―地域生活支援拠点お中心に―
6月号
こどもの育ちにくさ・育てにくさ
7月号
次なる相談支援の展開―今後期待される相談支援とはー
8月号
障害者の安心・安全を守るために
9月号
施設入所支援の役割をいまあらためて考える
10月号
生きがいを感じる豊かな日中活動とは
ー生活介護における暮らし方・働き方―
11月号
働き続けるために必要な制度と支援
ー就労定着支援のあるべき姿―
12月号
第55回全国知的障害福祉関係職員研究大会(愛知大会)

2018年
1月号
地域で自分らしく暮らしたい
ー一人ひとりのニーズに合った暮らしとは―
2月号
育ちの場としての障害児支援施設のあり方
3月号
社会福祉法人改革がもたらした効果と課題

各コーナーのご紹介

【支援力を高めるために】
○「セミナー」
利用者支援に欠かせないテーマを数回にわたり取り上げる誌上連載講座です。
○「レポート」
全国の知的障害福祉施設・事業所での実践的な事例研究を中心に、その取り組みを報告していただきます。
○「用語解説」
毎月の特集記事に関連する用語を取り上げ、1ページで解説します。

【支援現場からの発信】
○「訪問記」」
先進的な利用者支援や地域密着の活動など、様々に展開している施設・事業所を本誌編集委員が訪問取材します。
○「ぽれぽれ」
全国各地のバラエティーに富んだ実践やユニークな活動を、事業所や団体から報告してもらいます。
【障害のあるご本人のコーナー】
○「Gallery」
知的障害福祉施設・事業所の文化芸術活動、主に利用者の皆さんの絵画や造形作品をカラーページで紹介します。
○「The・Heroes」
仕事や趣味などで活躍している障害のあるご本人を紹介します。

【福祉の現場で働きはじめたあなたへ】
○「フォー・ナイス・ビギナー」
新人スタッフ向けに福祉の仕事の基本をわかりやすく解説します。
○「集え、若職人!若手職員本音トーク」
若手職員に今この仕事をして感じることや思いを語ってもらいます
○「あなたに届けるメッセージ」
悩みを抱える若手スタッフへ先輩からの温かい一言メッセージ。

【今の時代を読む】
○「であい」

若手職員現在、多様な領域で活躍している方々から障害のある人たちとのであいや福祉現場で働く人へのエールを語ってもらいます。

○「今月の切り抜き」
若手編集出版企画委員会専門委員(社会福祉学・医学・法律各分野の専門家)が時の話題に斬り込みます。

好評連載と新コーナーもあります
「風の通り道」「ライブラリー(書評)」「地区・地方会活動報告」・4コマ漫画「がんばれ!!はりきり君」etc.
また、国内外を問わず各地で行われた研修会やシンポジウムなどを紹介する新コーナーも企画しています。


平成29年度購読のご案内

『さぽーと』平成29年4月号〜平成30年年3月号

毎月15日発行 
A4判 68ページ
1部 596円(税8%・送料込)
年間購読料 6,480円(税8%・送料込)
当協会加入施設・事業所にお勤めの方は、5,000円で
年間購読(4月号〜翌3月号)できます。
年度途中からのお申し込みの場合は、ご希望の月から
3月号までお送りいたします。
年間購読は大変割安になっておりますので、ぜひ年間で
お申し込みください。

 

 
新 刊 おすすめ
 
おすすめ
おすすめ
現場実践から学ぶ
知的障害児・者支援
 [困難事例編]
知的障害施設・事業所の危険予知訓練(KYT)
KTYかんたんマニュアル
 
おすすめ
おすすめ
 
おすすめ
おすすめ
   
おすすめ
おすすめ
   

その他出版物




 【地方会から発刊された書籍等のご紹介】

『私の事はあたりまえに自分で決めたい。
手伝ってね!!』「障がい者福祉施設・事業所
における障がいある利用者への意思決定支援実例集」

●福島県知的障害施設協会人権・倫理委員会

下記よりダウンロードすることができます。

本体(2.5MB)  別紙(2MB)

『新たに福祉職に就いた人たちのための支援テキスト
(改訂版)』

●特定非営利活動法人栃木県障害施設・事業協会


詳細につきましてはこちらからご覧ください